【対策】歯磨きが苦手な子どもはどうすれば良い?"原因とポイント"を紹介

お役立ち情報 ママパパ向け

【対策】歯磨きが苦手な子どもはどうすれば良い?"原因とポイント"を紹介

  • 子どもが歯磨きをしてくれない
  • 子どもが歯磨きが苦手で心配

 

子どものうちから歯磨きをしっかりしないと、虫歯になったり、歯磨きをすることに抵抗をもったまま成長してしまいます。

 

歯磨きの必要性を伝えても子どもは理解できません!

 

子どもが歯磨きを嫌がる理由が分かれば、教えるのも簡単です。

今のうちに歯磨きの苦手意識をなくし、子どもの成長を見守りましょう。

 

オススメの人

  • 子どもが歯磨きを嫌がる理由を知りたい
  • 苦手を克服して歯磨きできるポイント

こちらもCHECK

コスパ最強のガレイド/

月280円の電動歯ブラシ

※本体価格が今なら無料です。



 

【理由】子どもが歯磨きを嫌がるのはなんで?

【理由】子どもが歯磨きを嫌がるのはなんで?

子どもが歯磨きを嫌がる理由は5つです。

子どもが嫌がる理由

  1. 口に入るのが違和感・気持ち悪い
  2. 歯磨きをするのがつまらない
  3. 力を入れすぎて口がチクチクする
  4. パパとママに怒られるのが嫌
  5. 機嫌が悪い

 

歯磨きイヤイヤ期に入ってしまうとずっと抵抗してしまうため、早めに嫌な理由を理解しましょう!

 

上から順番に説明していきます。

口に入るのが違和感・気持ち悪い

口に入るのが違和感・気持ち悪い

口の中に歯ブラシを入れると、気持ち悪く感じて嫌いになってしまう場合があります。

 

私たちは、当たり前のように歯磨きをしていますが、子どもからすると遺物が口の中に入り込んでいる状況です。

例えば、口内炎ができて気持ち悪い状況と同じですね。

1度嫌だと思ってしまうと引きずってしまうため、注意しましょう。

 

優しく磨いたり、持ち方を変えることで自然な力で歯磨きをすることができます。

ポイント

鉛筆持ちをすると力んでしまうため、持ち方を変えましょう。



歯磨きをするのがつまらない

歯磨きをするのがつまらない

歯磨きは、毎日同じことの繰り返しですので「つまらない」と嫌がる子どもが多いです。

 

子どものうちは、変化がないことには興味がなく、飽きてしまう傾向がありますよね。

例えば、ご飯は味や見た目が変わるためワクワク感がありますが、歯磨きはつまらないから嫌がるケースはよくあります。

 

子どもはワクワクしたりドキドキすることに興味があります。

つまらないことを強要するのは、非常に酷な話ですよね。

楽しくするやり方を教えてあげれば、率先して歯磨きをしてくれます。

ポイント

子どもが好きなことやご褒美をつけてあげると率先して歯磨きをしやすいです。

力を入れすぎて口がチクチクする

力を入れすぎて口がチクチクする

力を入れすぎることで、ブラシが唇や歯茎に当たってチクチク痛いと言う子どもも多いです。

 

子どもは上唇と歯茎をつなぐ筋が繋がっていないため、上唇を持ち上げるだけで痛がります。

チクチク痛いことは大人でもやりたがらないですよね!

 

子どもが痛がらないように歯磨きをすることを意識しましょう。

そもそも上唇を持ち上げるだけで痛く感じてしまうため、力を入れずにゆっくり磨くことが大切です。

ポイント

ブラシの状況を見て、力んでいるかどうかチェックしてあげましょう。

パパとママに怒られるのが嫌

パパとママに怒られるのが嫌

パパやママに怒られることが嫌で、歯磨きをしなくなってしまう子どもも多いです。

 

キチンと歯磨きをしないと怒られてしまう、けど、やり方がよく分かっていない。

それが子どもの本音です。

 

「歯磨き=怒られる」というイメージがつくと、ずっと嫌な思いをさせてしまいます。

 

「我慢しなさい」「なぜやらないの?」とネガティブな話をすると、歯磨きが怖くなってしまいます。

 

例えば、歯磨きをすれば「ご飯が美味しくなるよ」など、プラスに変換することで子どもは前向きに聞くことができます。

怒るのではなく、歯磨きをする良いイメージを子どもに伝えましょう。

 

ポイント

歯磨きのイメージを良くすると、子どもは率先して歯磨きをするため伝え方が大切です。

機嫌が悪い

機嫌が悪い

機嫌が悪い時って、何もしたくないですよね。

 

それは子どもも同じと言うことを忘れてはいけません。

機嫌が悪い時に歯磨きを強制しても、イメージが悪くなってしまうだけです。

 

歯磨きのイメージを悪くしないために、機嫌を見てあげることも大切です。

 

歯磨きはいつしますか?

基本的に起きた後か寝る前と、眠い時間帯に歯磨きをします。

 

眠い時間帯に歯磨きをすると機嫌が悪いケースが多いため、食事をした後に歯磨きをする習慣をつけるようにしましょう。

ちょっとした工夫で、子どもが歯磨きに対するイメージは大きく変わります。

ポイント

タイミングを考えてあげることで、楽しく歯磨きができます。



 

【ポイント】子どもが歯磨きを好きになる5つの方法

【ポイント】子どもが歯磨きを好きになる5つの方法

子どもが歯磨きを好きになる方法は5つです。

特に乳幼児のうちから実践することで、歯磨きに対するイメージが前向きになります。

 

子どもが歯磨きを好きになる方法

  • 機嫌の良い時間帯に歯磨きする
  • 一緒に歯磨きをする
  • 歯磨きをすることを褒める
  • 歯磨きを当たり前にする
  • 電動歯ブラシで楽しい時間にする
当たり前のようなことでも少し見方を変えれば楽しく歯磨きできます!

ちょっとの工夫で、歯磨きの苦手意識が克服できます。

上から順番に詳しく紹介します。

機嫌の良い時間帯に歯磨きする

  • 食事をしたら歯磨きの習慣をつける

苦手になってしまう原因として、機嫌の悪い時間帯に歯磨きをすることで「嫌なこと」と感じてしまいます。

そのため、楽しい食事の後に歯磨きを習慣づけるようにしましょう。

食事をしたら歯磨きをする

この習慣をつけることで、当たり前のように歯磨きをするようになります。

 

一緒に歯磨きをする

  • 子どもと一緒に歯磨きをする

子どもにだけ歯磨きをさせてしまうと、上から目線になり嫌な感じがしてしまいます。

例えば、会社の上司から理不尽な仕事を依頼された時のような状況ですね。

子どもはパパやママと一緒に行動することが大好きです。

同じタイミングで歯磨きをする

この習慣をつけることで、当たり前のように歯磨きをするようになります。

歯磨きをすることを褒める

  • 褒めることで歯磨きが前向きにできる

「なぜ歯磨きができないの?」ではなく「歯磨きをする子は凄い!」「じっとできる子は偉い!」など、褒めてあげましょう。

子どもも大人も関係なく、褒められることは嬉しいですよね。

褒めすぎても雑な歯磨きになってしまうため、程よくが良いです。

歯磨きをすることを褒める

褒められることで、自ら歯磨きをするようになります。

歯磨きを当たり前にする

  • 食事をしたら歯磨きをする

いちいち「歯磨きをしなさい」と言い続けると、子どもにとって仕事になってしまいます。

例えば、掃除当番でトイレ掃除をしなくてはいけないことと同じですね。

ご飯を食べたらすぐ歯磨きをする

この習慣をつけることで、当たり前のように歯磨きをするようになります。

電動歯ブラシで楽しい時間にする

  • 電動歯ブラシで楽しく歯磨きをする

電動歯ブラシを使うことで、振動が面白く遊び感覚で歯磨きができます。

また、力を入れすぎることなく自動で動いてくれるため、チクチクしたり痛がることもありません。

パパ・ママと一緒に電動歯ブラシをすると間違いなく子どもは喜びます。

電動歯ブラシで一緒に歯磨きをする

電動歯ブラシは痛みもなく、楽しく歯磨きができます!

コスパ最強のガレイド/

月280円の電動歯ブラシ

※本体価格が今なら無料です。

 

【月280円】子どもが歯磨きを苦手克服するアイテム

【月280円】子どもが歯磨きを苦手克服するアイテム

歯磨きを好きになるアイテム

月に280円で、歯磨きを楽しくすることができます。

月280円ってかなりお得な電動歯ブラシですね!

電動歯ブラシって高いイメージがありますよね?

中には1万円や2万円など高級な歯ブラシも当たり前のように販売されていますが、買って後悔する人も少なくありません。

そんな方でも安心できる電動歯ブラシのサブスクが最近流行っています。

  • 子どもサイズもある電動歯ブラシ(月280円)

詳しくはこちらで紹介しているため、参考にしてみてください。

こちらもCHECK

電動歯ブラシのサブスク!コスパ最強の【ガレイド】の体験、口コミ

続きを見る

 

【結論】歯磨きが苦手な子どもが克服するなら5つの方法がある

【結論】歯磨きが苦手な子どもが克服するなら5つの方法がある

子どもが歯磨きを好きになる方法

  • 機嫌の良い時間帯に歯磨きする
  • 一緒に歯磨きをする
  • 歯磨きをすることを褒める
  • 歯磨きを当たり前にする
  • 電動歯ブラシで楽しい時間にする

子どもは正直です。

パパやママの行動や発言をよく見ているため、影響されやすいです。

ちょっとした事で歯磨き嫌いを克服して、楽しみながらすることができます。

子どものうちに克服することで、虫歯対策もできます!

 

月280円で気軽に始めることができる電動歯ブラシで、子どもの歯ブラシ嫌い対策をしましょう!

コスパ最強のガレイド/

月280円の電動歯ブラシ

※本体価格が今なら無料です。



参考文献

三浦規雅(2018)『重症小児患者ケア ガイドブック』道又元裕,総合医学社
道又元裕(2014)『新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本』照林社
渡辺嘉之(2017)『重症患者ケア』総合医学社
日本集中治療医学会.“人工呼吸器離脱に関する3学会合同プロトコル公開”https://www.jsicm.org/publication/kokyuki_ridatsu1503.html(参照2021-01-27)
看護roo!.“小児の人工呼吸器中の特徴と観察点は?”.https://www.kango-roo.com/learning/4601/(参照2021-01-27)

※ 本記事は、参考文献を元に執筆しております。

  • この記事を書いた人

ぴっぴ ✿︎

現役看護師 / 小児科 / 小児集中治療 / PALS資格所有 看護師として5年以上の経験を積んだ中堅看護師です。 お父さん、お母さんをそっとサポートできるような記事を書いています。 看護師向けに必要な知識も発信中。

-お役立ち情報, ママパパ向け

Copyright © PI+ICU NURSE BOOK , All Rights Reserved.