ママパパ向け 小児看護

子どもが【胃腸炎】になった!食事はどうしたらいいの?

こんにちは。
小児集中治療室に勤務する看護師のpi ✿︎(@shinkan0607) です。
子どもを看る上での知識を発信しております。

子どもが胃腸炎になった…
水分はどの程度摂ったら良いの?タイミングはどうしたらいいの?

このような疑問を持っていませんか?

保育園に行き始めると子どもが胃腸炎になることも増えますよね。

そんなご家族へ“子どもが胃腸炎と診断された際の注意ポイント”をお伝えします。



 

胃腸炎とは

急性胃腸炎とは、ウイルスや細菌に感染することによって、腹痛や嘔吐(おうと)、下痢などの症状を起こすことです。

胃腸炎は小児に最も多い消化器疾患です。発熱や腹部のけいれんを伴う場合もあります。

重症の胃腸炎では、嘔吐や下痢により体液が失われるため、脱水になったり電解質のバランスが崩れたりします。

 

胃腸炎の原因

胃腸炎の多くの原因は、

  • ウイルス(最も一般的な原因となる)
  • 細菌
  • 寄生虫
  • まれにアレルギー疾患や食物アレルギー

と言われています。

 

ウイルスによる胃腸炎

胃腸炎の原因のウイルスは、以下のものがあります。

  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイルス
  • アストロウイルス

保育園や学校など人混みの多い場所で、胃腸炎にかかっている小児や胃腸炎の病原体にさらされたことのある小児からウイルス性の胃腸炎がうつります。

ウイルス性の胃腸炎は感染力が非常に強く、特に小児から小児へは簡単に広がると考えられています。

 

胃腸炎の症状

原因に関わらず、胃腸炎の症状としてよくみられる症状は、「嘔吐と下痢」です。

胃腸炎が感染症によるものであれば、発熱することもあります。

ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎では、水様性下痢を引き起こします。

それぞれのウイルスによる特徴は以下の通りです。

ロタウイルス

ロタウイルスによる胃腸炎を発症すると乳幼児の場合、5~7日間ほど症状が続きます。

多くの小児で嘔吐がみられ、発熱がみられることもあります。

ロタウイルスは感染力が強く、繰り返し何度もかかります。

抗体ができてくると症状はあまりあらわれなくなります。

そのため大人になると症状が弱かったり、あらわれなくなったりします。

ありふれた感染性のウイルスといえますが、子どもの場合は、最初のころは激しく症状があらわれることもあるため、状態によっては生命にかかわることもあります。

 

ノロウイルス

ノロウイルスによる胃腸炎の場合は、下痢よりも嘔吐が多く、続くのは1~3日間のみです。

後遺症は残らないとされていますが、免疫力の弱い子どもは重症化しやすいので注意が必要です。

嘔吐物や便には大量のウイルスが含まれているため感染源になりやすいです。

飛沫が周囲に飛び散ったり、きちんと処理できずに取り残されたウイルスが乾燥して舞い上がったりすると、それを吸い込んだり手に付着したりして、最終的に体内に入ることで二次感染してしまうので注意が必要です。

 

アデノウイルス

アデノウイルスによる胃腸炎の場合は、下痢が始まって1~2日後に軽い嘔吐がみられます。

ロタウイルスによる胃腸炎と似た症状が見られます。

下痢は、1~2週間続くことがあります。

感染者の便の中にあるウイルスが口から入って感染するほか、飛び散ったウイルスを吸い込むことでも感染する可能性があります。

 

アストロウイルス

子どもの胃腸炎としてあまり多くはありませんがアストロウイルスによる胃腸炎を起こす場合もあります。

軽いロタウイルス感染症と同様の症状がみられます。



 

胃腸炎の合併症

重症の胃腸炎で最も多い合併症は、脱水です。

子どもの風邪の際は、脱水に注意!と育児書などで書いてあるため知っている方も多いと思います。

子どもは具合が悪くなると飲めなくなり、脱水を起こしやすいです

嘔吐と下痢によって大量の水分が失われると脱水が生じます。

軽い脱水の時には、小児は飲みものを欲しがります。

しかし重篤な脱水の場合には、元気がなくなり、ぐったりとしてきます。

子どもが脱水のときに現れる症状

頭部の柔らかい部分(大泉門)ががへこんでいる
両目がくぼんでいる
泣いているのに涙が出ない
口が乾燥している
おしっこの量が少ない
活気がなく、元気がない
ぐったりとしている

このような症状がある場合には、すぐに病院を受診しましょう。

 

胃腸炎の治療

入院が必要でない場合の胃腸炎に対しての治療は、安静と十分な水分補給になります。

子どもが胃腸炎にかかったら、ご家族は子どもの水分摂取の状況をモニタリングする必要があります。

下痢を止める薬や抗菌薬が投与されることがありますが、これらに関しては医師の指示に従いましょう。

 

経口補水療法

脱水症状が軽度の場合は、経口補水療法の対象となります。

市販の経口補水液を購入し、「5分ごとにスプーン1杯」または「10分毎に猪口1杯」程度を与えます。

前者では、ご家族の負担も大きいため後者を目安とすると良いですね。

 

乳児には、経口補水液とともに母乳や人工乳も与えます。

子どもには、欲しがっても以下のものは与えないようにしましょう。

ジュース・ソーダ・炭酸飲料・お茶・スポーツドリンク・カフェインの入った飲みもの

これらの飲み物は、砂糖の含有量が多すぎることがあり、下痢を悪化させるおそれがあります。

一方で、体から失われたため補わなければならない塩分(電解質)の含有量は少なすぎます。

嘔吐や下痢を抑える薬

嘔吐は、母子ともに心理的負担が大きく、ご家族の負担を考えれば嘔吐の回数は少ないに越したことはありません。

吐き気がひどい場合には、副作用に注意して用法用量を守り、医師の指示のもとであれば制吐剤を使用することをお勧めします。

ゆっくりとでも水分補給ができると、吐き気が軽快して排尿がみられるようになります。

そのような状態になったら、少しずつ1回の水分量を増やしてください。

この時点で空腹を訴える場合もありますが、次の食事は与えない方が良いと思います。

空腹を訴えたのが午後であれば、夕食は控え、翌日の朝食から消化の良い食事をとるようにします。

空腹を訴えたからすぐに食事を始めると嘔吐や下痢を繰り返す可能性があります

 

胃腸炎の際の食事の再開について

嘔吐や下痢を繰り返している状態では、食事を開始することはできません。

少し回復し、子どもが空腹を訴えたら食事を再開していきましょう。

長期間の絶食状態にはあまりメリットはなく、体重の回復を遅らせる可能性もあります。

先ほどもお伝えしましたが、空腹を訴えてから1食は様子を見て、消化の良い食事から始めるようにしましょう。

2歳児ママ

「年齢に応じた通常の食事から始めてください」と言われましたが通常の食事ってなんですか?

このように思われているの方も多いと思います。

子どもにとっての「通常の食事」は、その子によると思います。

そう思うと難しいですよね。

医師から「通常でいいですよ」と言われた場合は、その子の好き嫌いを考えた通常ではなく、消化に良いものを取るようにしましょう。

ラーメンが好きだから通常の食事は「ラーメン」これはダメですね。

乳児の場合は、嘔吐が落ち着き次第できるだけ早期に母乳やミルクを開始していきます。

離乳食を始めている幼児は、重湯や野菜スープ、経口補水液から始めて徐々にお粥やりんごのすりおろし、野菜の煮潰しなどを与えるようにします。

大人と同じ食事をしている小児は、柔らかく煮たうどんやおかゆ、スープなど水分が多く消化の良いものが良いです。

 

消化によい食べ物と悪い食べ物

消化にいい食べ物とは、胃腸に負担を書けない食べ物などです。

胃の中に停滞している時間が短いほど早く消化がされるので、柔らかい食べ物は比較的消化にいい食べ物だと言えます。

子どもの消化に良い食べ物

・白米(お粥など柔らかいものほど消化に良い)
・うどん
・豆腐
・ヨーグルト
・バナナ、りんご、桃、洋梨
・ほうれん草、ジャガイモ、にんじん、白菜、かぼちゃ(茹でる、煮るなどの加熱調理するもの)

消化に一番時間がかかるものは、“油脂”です。

消化に悪い食べ物

・ラーメン、玄米
・バラ肉、ソーセージやベーコン
・生クリーム
・牛蒡、とうもろこし、たけのこ、れんこん
・パイナップル

胃腸の調子が悪いときは、揚げ物やカップ麺、スナック菓子など、油脂の多いものは避けた方が良いです。



まとめ

育児書などにも子どもの風邪や胃腸炎の際の注意点として脱水が記載されており、皆さんも知っているかと思います。

嘔吐や下痢の症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

胃腸炎時の注意ポイント

  • 経口補水液は少量ずつ、頻回に
  • 空腹を訴えた直後の食事は摂らずに、次の食事から再開
  • 食事は、消化に良いものから始める
参考子どもの食物アレルギーへの対応を理解しよう!

続きを見る

参考文献

三浦規雅(2018)『重症小児患者ケア ガイドブック』道又元裕,総合医学社
道又元裕(2014)『新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本』照林社
渡辺嘉之(2017)『重症患者ケア』総合医学社
日本集中治療医学会.“人工呼吸器離脱に関する3学会合同プロトコル公開”https://www.jsicm.org/publication/kokyuki_ridatsu1503.html(参照2021-01-27)
看護roo!.“小児の人工呼吸器中の特徴と観察点は?”.https://www.kango-roo.com/learning/4601/(参照2021-01-27)

※ 本記事は、参考文献を元に執筆しております。

  • この記事を書いた人

ぴっぴ ✿︎

現役看護師 / 小児科 / 小児集中治療 / PALS資格所有 看護師として5年以上の経験を積んだ中堅看護師です。 お父さん、お母さんをそっとサポートできるような記事を書いています。 看護師向けに必要な知識も発信中。

-ママパパ向け, 小児看護

Copyright © PI+ICU NURSE BOOK , All Rights Reserved.