集中治療

小児集中治療室 -PICU- ってなに?

こんにちは。
小児集中治療室に勤務する看護師のpi ✿︎(@shinkan0607) です。
子どもを看る上での知識を発信しております。

みなさん、ICUやPICUという言葉を聞いたことがありますか?

ICUは、集中治療室のことです。

PICUは、小児に特化した集中治療室のことです。

今回は、私が勤務する「小児集中治療室:PICU」についてご説明したいと思います。



小児集中治療室(Pediatric Intensive Care Unit : PICU)とは

 

小児集中治療室は「一時的に生命が危険な状態にある、またはそのような状態が切迫している小児患者に対して、その原因、病態、基礎疾患を問わず、病院の総力をあげて治療する場」

PICUは上記のように定義されています。

要するに、急変患者にとっての「最後の砦」と言われています。

各臓器の急性機能不全の状態のみでなく、大きな侵襲をともなう手術(心臓手術や臓器移植手術など)の術後管理も行っています。

手術後の術後管理以外にも、呼吸が悪くなった児や意識障害、蘇生後、外傷など様々な疾患及び状態の子どもが入室するため、重要なエリアです。

 

また、疾患の局所的な治療(臓器ごとの治療)を行うことよりも全身状態を改善させる全身管理が主体とされています。

 

小児集中治療室の対象となる患者の特徴

では、どのような患者がPICUの対象になるのでしょうか?

ココがポイント

実際に入室する子どもの特徴!
・意識障害または昏睡急性呼吸不全または慢性呼吸不全の急性増悪
・急性心不全
・急性薬物中毒
・ショック
・重篤な代謝障害(肝不全・腎不全・重症糖尿病など)
・広範囲熱傷
・大手術後(心臓血管外科手術後、臓器移植後、脳神経外科手術後など)
・救急蘇生後(中枢神経管理を要する児、心停止後など)

集中治療を受ける小児の特徴

病気を持つ子どもの特徴

子どもは身体機能が成長発達の途中にあるため、発達段階に応じて身体的特徴があります。

子どもは予備能力も少なく、症状の変化や状態の進行が早いことから「良くなるのも早く、悪くなるのも早い」と言われています。

生命の危機的状況に陥っている場合は、少しの変化でも生命予後が左右される危険性があります。

集中治療を受ける子どもの特徴

【 身体的特徴 】

集中治療を受ける子どもは、疾患や手術により身体に何らかの侵襲を受けます。

その変化や侵襲に適応しようとして、生体内の恒常性を保つために身体は様々な反応を起こします。

 

特に「呼吸と循環」は影響を受けやすい機能です。

 

呼吸状態と循環動態の変化や障害は、末梢の臓器や組織への酸素供給の減少を引き起こします。

それに続いて、肝機能・腎機能・消化器系・中枢神経系などの全身の酸素不足につながり、機能障害が増悪します。

 

集中治療を受ける子どもは、身体機能が未発達であることに加えて、集中的な治療によって身体機能を維持している状態です。(要するにギリギリで保てている状態です!)

そのため、些細な刺激や体温の変化、薬剤の影響などは容易に子どもの急変に繋がります。

 

【 心理的特徴 】

突然の身体的苦痛や気管挿管による会話の制限、絶飲食、安静の必要性、環境の変化、母子分離などの制限により、不安・寂しさ・恐怖・無関心などの心理的混乱状態を引き起こします。

集中治療を受けているという特殊な状況では、一般的な治療を受けている場合に比べて子どもの心理的苦痛が大きくなります。

母子分離において乳幼児が示す行動には、

「抗議(泣く・怒る・呼ぶ・探す・しがみ付く)」⇨ 親を取り戻したいという強く表現する段階
「絶望(関心がない・抑うつ・食欲減退・睡眠障害)」⇨ 泣き疲れて強く悲嘆する段階
「脱愛着(落ち着く・周囲と遊ぶ)」⇨ 親への興味を失い、忘れているかのようになる段階。

という3つの段階があります。

 

【 社会的特徴 】

子どもは基本的に家族に守られており、子どもにとって家族は欠かせない存在です。

そのため、子どもの状況の変化は、家族全体の変化にもつながります。

集中治療を受ける子どもの家族は、子どもの生体反応や身体的・心理的苦痛を目の当たりにして、不安や心配、恐怖、混乱、葛藤などのさまざまな思いを抱きます。

「辛い思いをさせてごめんね」「変わってあげることができたら」「もっと早く受診していたら」と自責の念を抱えながら付き添っている家族も少なくありません。

家族は、子どもの状態に関する病状説明や意思決定が連日続くことになりますが、面会と家庭での生活を両立すること、不安や心配からの睡眠不足が生じることなどから家族の身体的負担も大きくなるため注意が必要です。

このように、家族の一員である子どもの変化は、家族全体の変化となり家族の危機的状況を招くこととも言えます。

同胞がいる場合には、きょうだいにも影響が生じます。

きょうだいは、日常生活の変化、集中治療を受ける子どもとの分離、面会や付き添いをする家族との分離、心理的苦痛を抱える家族に直面するという体験をします。

 

つまり、きょうだいが両親から感じるものは多くあり、それらはきょうだい自身の不安にもつながる。



おわりに

PICUは、一時的に生命の危機的状況にある子どもを助ける上で欠かせない場所です。

このようにお伝えすると不安に思われる方も多いと思いますが、子どもは回復力も高いため元気に退院されるお子さんも多いです。

聞き慣れない場所であると思いますが、少しでも多くの方に知って頂ければ光栄です。

  • この記事を書いた人
アバター

pi ✿︎

■ 看護師 / 小児集中治療 ■ 小児科ナース / PALS 資格所有 ■ 気付けば中堅クラスになっていました ■ 子どもを看るうえで必要な知識を発信します

-集中治療

© 2020 PI+ICU NURSE BOOK Powered by AFFINGER5