集中治療

人工呼吸器のモード 【 A/C,SIMV,PSV,CPAP 】

 

  • 人工呼吸器のモードの違いって?
  • それぞれのモードの役割は?

このような疑問にお答えします。

 

この記事を読むと「人工呼吸器のモード」について理解することができます。

 

小児集中治療室に勤務する看護師のpi ✿︎(@shinkan0607) です。
子どもを看る上での知識を発信しております。

 

この記事を読んでほしい方

  • 人工呼吸について理解を深めたい方
  • モードの違いについて知りたい方

 



 

換気モードの特徴 “簡単に理解”

人工呼吸器の仕組み

人工呼吸器の基本的なモードとして

A/C,SIMV,PSC,CPAPの4つを必ず理解しておく必要があります。

 

まずは、基本的な違いについて理解しましょう。

 

A/C 従量式もしくは従圧式のアシストコントロールモード。
吸気努力がなくても設定した換気回数が確保される。
吸気努力があればトリガーし、設定した1回換気量が同じ換気パターンで供給される。
SIMV 従量式もしくは従圧式の同期式間欠的強制換気を行うモード。
吸気努力がなくても設定した換気回数を上限に、吸気努力があればトリガーして設定された一定の1回換気を行う。
PSV 呼吸回数の設定はなく、患者が始めた自発呼吸を補助するモード。
吸気支持圧を設定することにより換気の部分的な補助を行う。
CPAP 呼吸サイクルを通じて、一定の圧をかける。
換気補助は基本的に行わない。
5cmH2O程度の低いPSによって補助することがある。

 

※ モードの選択方法については、こちらを参照。

 

強制換気と自発呼吸について理解

小児看護まとめ

人工呼吸器のモードについて理解する前に、強制換気自発換気の違いについて知っておきましょう。

 

強制換気とは?

  • 患者の自発呼吸がない時に呼吸器で設定された回数の換気を行う
  • 自発呼吸がある場合、それをトリガーして換気を行う

自発呼吸とは?

  • 患者自身によって呼気が開始(トリガー)される
  • 患者自身によって吸気が終了(サイクル)する

 

これらの違いを理解した上で考えていきましょう!

 

【人工呼吸器のモード】基本の4つ

小児看護 評価

それぞれのモードについて詳しくみていきましょう!

 

A/C:アシストコントロールモード

アシストコントロールモードは、

  • Assist:補助換気
  • Control:調整換気

これらを組み合わせた

補助換気+調整換気を意味します。

 

補助換気は、患者自身が呼吸サイクルを開始し(患者トリガー)、そのタイミングに従って呼吸器で設定された1回の換気を供給します。

 

一方で調整換気は、人工呼吸器が換気の開始を決めて(器械トリガー)を換気されます。

 

この2つの換気が混ざり合うため、A/Cモードと呼ばれているね!

 

※ 詳しくは【A/Cモードって?】で説明!

目次に戻る

PSV

持続自発換気(CSV)は、PSVとCPAPがあります。

 

PS(プレッシャーサポート)は、患者の吸気呼吸をトリガーし、フローが増えて、設定したサポート圧まで素早く圧を支持する換気補助になります。

 

PSの吸気の終了は、吸気フローの低下を感知して終了するフローサイクルと呼ばれるものになります。

 

PSのみの補助換気を行うモードをPSVと言います。

 

PSVは、あくまで患者の自発呼吸をサポートするモードになっています。

 

そのため患者の自発呼吸がなくなると人工呼吸器は、全く換気補助を行わず無呼吸状態となります。

 

新人看護師
それだと‥患者さんの呼吸は困りますよね?

 

あらかじめバックアップ換気を設定しているよ!無呼吸を感知した場合は、自動的に作動します。同時にアラームにも注意しよう!

 

CPAP(持続気道陽圧換気)

CPAPは、呼気サイクルを通して一定の陽圧をかけるモードです。

 

吸気時の換気に陽圧補助を受けないため、吸気時の最大気道内圧は上昇しません。

 

CPAPは、自発呼吸試験(SBT)などに用いられることが多いね!

 

純粋なCPAPのモードでは、気管チューブが抵抗となり、呼吸仕事量が増えることが問題となります。

 

4~8mmH2O程度のPSで吸気補助を行うと気管チューブなしの通常の自発呼吸と同様程度の呼吸仕事量になると言われています。

 

SIMV(同期式間欠的強制換気)

今までお話ししたモードを少しまとめると…

  • 持続強制換気:A/Cモード
  • 持続自発換気:PSVやCPAP

このように属されます。

 

これらの全てのモードは、呼吸サイクルが“強制”または“自発”のいずれかに固定されています。

 

SIMVは「間欠的」という意味があり、一部の換気は強制換気、そのほかは自発換気でも良いというモードになります。

 

簡単にいうと、自発呼吸と強制換気を行ったり来たりすることが可能なモードだね!

 

実際にはこのようになります。

SIMVのポイント

  • 自発呼吸の回数が設定した呼吸回数と同じまたは少ない

→ 全て設定された1回換気による強制換気を行う

  • 自発呼吸の回数が設定した呼吸回数より多い

→ 設定回数分だけ強制換気を行い、残りは自由に自発呼吸を行える

  • 呼吸不全の場合、1回換気量が十分でないことが多い

→ PSをかけて自発呼吸を補助する

 

SIMVモードでは、患者の自発呼吸の頻度によって全く異なる呼吸パターンとなります。

 

SIMVは自由度が高いと思われるが、実際の臨床ではSIMVでなければいけないという場面は少ないね!

 



目次に戻る

まとめ

今回は、人工呼吸器のモードで大切な4つのモードについて説明しました。

  • モードには「強制換気」と「補助換気」がある
  • 自発呼吸の有無によってモード選択が異なる
  • 患者の呼吸に合ったモードを選択する

人工呼吸器のモードの特徴を理解し、臨床に繋げていきましょう。

 

 

 

目次に戻る

参考文献

三浦規雅(2018)『重症小児患者ケア ガイドブック』道又元裕,総合医学社
道又元裕(2014)『新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本』照林社
渡辺嘉之(2017)『重症患者ケア』総合医学社
日本集中治療医学会.“人工呼吸器離脱に関する3学会合同プロトコル公開”https://www.jsicm.org/publication/kokyuki_ridatsu1503.html(参照2021-01-27)
看護roo!.“小児の人工呼吸器中の特徴と観察点は?”.https://www.kango-roo.com/learning/4601/(参照2021-01-27)

※ 本記事は、参考文献を元に執筆しております。

  • この記事を書いた人

ぴっぴ ✿︎

現役看護師 / 小児科 / 小児集中治療 / PALS資格所有 看護師として5年以上の経験を積んだ中堅看護師です。 お父さん、お母さんをそっとサポートできるような記事を書いています。 看護師向けに必要な知識も発信中。

-集中治療

Copyright © PI+ICU NURSE BOOK , All Rights Reserved.