集中治療

人工呼吸器のモード 【 A/C,SIMV,PSV,CPAP 】

こんにちは。
小児集中治療室に勤務する看護師のpi ✿︎(@shinkan0607) です。
子どもを看る上での知識を発信しております。

前回は、人工呼吸器の基本を理解するためのお話をしました。

人工呼吸器のモードってたくさんありますよね。

 

それぞれの違いを理解できていますか?

 

今回は、基本的なモードと言われている4つのモードについてご説明します。

 

人工呼吸器の基本的なモード

人工呼吸器の基本的なモードとしてA/C,SIMV,PSV,CPAPの4つは必ず理解しておく必要があります。

 

強制換気と自発呼吸

モードの説明を行う前に、強制換気と自発換気の違いについて知っておきましょう。

強制換気は、患者の自発呼吸がない時には呼吸器で設定された呼吸回数より定められた時間が経過すると、もしくは自発呼吸がある場合にはそれをトリガーして(患者トリガー)換気を開始します。

これは患者の吸気努力によらず、呼吸器が決めた吸気の与え方で一定の一回換気を与えます。

一方で自発呼吸は、吸気が患者自身によって開始されて(トリガー)、吸気が患者自身によって終了し(サイクル)、呼気相に移ります。

 

A/Cモード

アシストコントロールのassistは「補助換気」Controlは「調整換気」という意味です。

補助換気とは、患者自身が呼吸サイクルを開始し(患者トリガー)、そのタイミングに従って呼吸器で設定された1回の換気を供給することです。

それに対して人工呼吸器が換気の開始を決めること(器械トリガー)を調整換気と言います。

この2つの換気が混ざり合うモードであるため、A/Cモードと呼ばれています。

詳しくはこちらでも説明しています。

こちらもCHECK

人工呼吸器の基本知識【 A/Cモード 】

続きを見る

 

PSV(プレッシャーサポート)

持続自発換気(CSV)には、PSVとCPAPがあります。

PSは、患者の吸気呼吸をトリガーし(患者トリガー)、フローが素早く増えて、設定したサポート圧まで素早く圧を支持する換気補助になります。

吸気の終了は、吸気フローの低下を感知して終了するフローサイクルと呼ばれるものになります。

PSのみの補助換気を行うモードをPSVと言います。

あくまで患者の自発呼吸をサポートするモードになっているため、患者の自発呼吸がなくなると人工呼吸器は全く換気補助をしないため無呼吸状態が生じます。

その際には、あらかじめ設定した無呼吸バックアップが自動的に作動します。

同時にアラームには注意が必要です。

PSは簡単にいうと、患者自身が換気回数、吸気時間、1回換気量を決めるばかりではなく、吸気フローパターンも患者と呼吸器の相互作用で決まります。

そのため、患者者の自由度が高い設定になります。

CPAP(持続気道陽圧)

CPAPは、呼気サイクルを通して一定の陽圧をかけるモードです。

吸気時の換気に陽圧補助を受けないため、吸気時の最大気道内圧は上昇しません。

CPAPモードは、抜管する前のウィーニングの評価のためにの自発呼吸試験(SBT)などに用いられることが多いです。

純粋なCPAPのモードでは、気管チューブが抵抗となり、呼吸仕事量が増えることが問題となります。

4~8mmH2O程度のPSで吸気補助を行うと気管チューブなしの通常の自発呼吸と同様程度の呼吸仕事量になると言われています。

CPAPの指示が入る時は、CPAP+PSを意味することが多いね!

 

SIMV(同期式間欠的強制換気)

今までお話した、A/Cモードは「持続強制換気」PSVやCPAPは「持続自発換気」に属することになります。

すなわち、全ての呼吸サイクルが強制または自発のいずれかに固定されていて、行きすることはありません。

SIMVは「間欠的」という意味があり、一部の換気は強制換気、そのほかは自発換気でも良いというモードになります。

 

簡単にいうと、自発呼吸と強制換気を行ったり来たりすることが可能ということですね。

 

自発呼吸の回数がSIMVで設定した呼吸回数より同じか少ない場合は、全て設定された1回換気による強制換気を行います。

自発呼吸の回数がSIMVで設定された呼吸回数より多い場合は、呼吸器は設定回数分だけしか強制換気を行わず、残りは自由に自発呼吸を行うことになります。

呼吸不全の患者では、1回換気量が十分でない場合が多いのでPSをかけて自発呼吸を補助することが多いです。

要するに、SIMVのモードでは設定を変更しなくても患者の自発呼吸の頻度によって全く異なる呼吸パターンとなります。

A/CとSIMVは、患者の呼吸回数<換気回数となる場合は同じ呼吸サイクルとなる。 しかし、患者の呼吸回数>換気回数となる場合は、異なる呼吸サイクルとなる。 この点を理解しておく必要があります。

説明だけではSIMVは自由度が高いと思ってしまいますが、実際の臨床ではSIMVでなければいけないという場面は少ないです。

 

まとめ

基本的な人工呼吸器のモードを理解すると患者さんがどういった状態でそのモードで管理しているのか、何に気をつけて看ていく必要があるのか理解することに繋がります。

それぞれのモードの特徴を抑え、臨床に繋げていきましょう。

こちらもCHECK

人工呼吸器の 観察ポイント
人工呼吸器の観察ポイント【A/C,SIMV,PSV,CPAP】

続きを見る

こちらもCHECK

人工呼吸器の基礎知識 【 PEEP / プラトー / コンプライアンス / トリガー】
人工呼吸器の基礎知識 【 PEEP / プラトー / コンプライアンス / トリガー】

続きを見る

こちらもCHECK

血液ガス分析と酸素化

続きを見る

  • この記事を書いた人
アバター

pi ✿︎

■ 看護師 / 小児集中治療 ■ 小児科ナース / PALS 資格所有 ■ 気付けば中堅クラスになっていました ■ 子どもを看るうえで必要な知識を発信します

-集中治療

© 2020 PI+ICU NURSE BOOK Powered by AFFINGER5