人工呼吸器の 観察ポイント

集中治療

【人工呼吸器】看護師が観察すべき項目!モード別に理解しよう

  • 人工呼吸器の観察項目がわからない
  • モード別で何を観察すればいいのかわからない

 

この記事を読むと【人工呼吸器の観察項目】について理解できます。

 

小児集中治療室に勤務する看護師のぴっぴ ✿︎(@shinkan0607) です。
上記の悩みを解決できるような記事を書きました。

 

人工呼吸器の観察項目について理解することで臨床で患者さんを安全に見ることができるようになります。

自分の不安をなくすことで、自信を持って働くことができますよね!

 

この記事を読んでほしい方

  • 人工呼吸器の観察項目について知りたい看護師さん
  • モード別の観察項目について知りたい看護師さん
  • 人工呼吸器について理解を深めたい方

人工呼吸器とは?

 

さて、おさらいです!

 

人工呼吸器とは、どのような役割があるのでしょうか?

 

人工呼吸器は、呼吸障害・不全(自発呼吸では酸素を十分に取り込めない、換気が不足する)に対して、呼吸の補助や代行をする機器です。

人工呼吸ケアの全てがわかる本より引用

 

人工呼吸器は、呼吸を補助する、代行する役割があります。

 

生命維持装置のひとつでもあるため、人工呼吸器のトラブルは起こしたくありませんよね。

 

人工呼吸器のトラブルは、致命的な結果へと繋がる危険性があるからです。

 

致命的な結果にならないためにも看護師として人工呼吸器の観察項目について知りましょう。

 

 

人工呼吸器の観察項目

 

今回は、よく使用されている人工呼吸器のモード別で観察項目を見ていきます。

 

人工呼吸器の換気モードとして主に使用されるものは、

A/C , SIMV , PS , CPAP

この4つです。

 

A/Cモードの観察項目

A/Cモードは、人工呼吸器の導入時によく使用されています。

 

最も覚えておきたいモードだね!

 

A/Cモードの特徴

  • 強制換気で肺の換気と拡張を維持する
  • 自発呼吸の有無に関わらず、設定された換気量が送気される
  • 自発呼吸をトリガーすると設定された調整換気が入る
  • 換気様式は、VCVとPCVで選択できる

このような特徴があります。

 

もっと知りたい方は、こちらで勉強してね。
>> 【人工呼吸器のモード】基本知識を理解しよう。A/Cモードって?

 

 

A/Cモード:VCVの場合の観察項目

VCV(ボリュームコントロール換気)の場合、設定した1回換気量を送るため、換気量は一定になります。

 

気道内圧は、患者の状態によって変化するため、モニタリングを行うようにしましょう。

 

VCVは、以下の観察項目をしっかりと見ます!

 

A/Cモード:PCVの場合の観察項目

PCV(プレッシャーコントロール換気)の場合、気道抵抗やコンプライアンスの変化による気道内圧の変化は生じません。

 

しかし1回換気量が変動するため、しっかりと1回換気量をモニタリングする必要があります。

 

VCVは、以下の観察項目をしっかりと見ましょう!

  • 1回換気量の変化に注意
  • 気道内圧は一定
  • 吸気時間の設定に注意
  • 自発呼吸がある場合は同調性を確認
  • auto-PEEPに注意
  • 酸素化(SpO2
  • 循環動態の変化(心拍数、血圧)
  • 不整脈の有無
  • 意識レベル
  • 電解質や酸塩基平衡
リークや振動によってオートトリガーが発生していないかを確認しよう!

 

SIMVモードの観察項目

SIMVモードは、自発呼吸だけでは換気量が不足する場合に一定の間隔で補助呼吸を行うモードです。

 

SIMVモードの特徴

  • 補助呼吸は、VCVまたはPCVを選択
  • 患者の送気に合わせて強制換気を行う
  • ファイティングを抑えることができる
  • 自発呼吸には、PSVをつけることができる

このような特徴があります。

 

自発呼吸の吸気時間と強制換気の吸気時間が合っているかを確認することが重要だよ

 

SIMVは、以下の観察項目をしっかりと見ます!

  • 自発呼吸との同調性
  • 吸気時間と吸気流量
  • 立ち上がり時間
  • 呼気感度
  • auto-PEEPに注意
  • 酸素化(SpO2
  • 循環動態の変化(心拍数、血圧)
  • 不整脈の有無
  • 意識レベル
  • 電解質や酸塩基平衡

 

PSVの観察ポイント

PSV(プレッシャーサポート)は、自発呼吸を温存した換気モードです。

自発呼吸をしっかりと行い、ウィーニングに向けて鎮静を下げていきます。

 

同調性に注意して観察を行うようにしましょう!

同時に安全管理にも注意し、事故抜管が起こらないような看護介入も必要です。

 

PSVは、以下の観察項目をしっかりと見ます!

  • 自発呼吸との同調性
  • 呼吸回数
  • 分時換気量
  • 呼吸パターンの変化
  • 無呼吸アラームの有無
  • バックアップ換気の有無
  • 酸素化(SpO2
  • 循環動態の変化(心拍数、血圧)
  • 不整脈の有無
  • 意識レベル
  • 電解質や酸塩基平衡
自発呼吸が停止すると送気が停止するため、無呼吸アラームとバックアップ換気の設定も必ず確認しよう

 

CPAPの観察ポイント

CPAP(シーパップ)は、自発呼吸が主体となる換気モードです。

 

自発呼吸にPEEPを加えることで、吸気相・呼気相を陽圧に保ち、肺容量増加、肺虚脱の改善、呼吸仕事量の軽減の効果があります。

 

CPAPは、以下の観察項目をしっかりと見ましょう!

  • 自発呼吸との同調性
  • 呼吸回数
  • 分時換気量
  • 呼吸パターンの変化
  • オートトリガーがないか
  • auto-PEEPに注意
  • 無呼吸アラームの有無
  • バックアップ換気の有無
  • 酸素化(SpO2
  • 循環動態の変化(心拍数、血圧)
  • 不整脈の有無
  • 意識レベル
  • 電解質や酸塩基平衡

 

目次に戻る

人工呼吸器のモードを変更する意味

 

近年の換気モードでは、自発呼吸に対して同調性を高めることが求められます。

 

結果として、

  • 人工呼吸器関連障害を抑える
  • 廃用性萎縮を抑える
  • 鎮静薬を減量できる

上記のことができるからです。

 

人工呼吸器を使用していても自発呼吸の停止は少なくし、同調性の良い換気モードに切り替え、早期に離脱できることが大切となります。

 

目標を達成するために、看護師として患者の状態を把握し、観察項目をしっかり評価しましょう。

 

自発呼吸を補助するモードの観察項目

 

自発呼吸を補助する換気モードが近年の主流でしたよね。

 

自発呼吸を補助するモードでは、

  • 呼吸仕事量の軽減
  • 下側肺の換気量の増加
  • 肺胞虚脱の予防
  • 換気血流比の改善
  • 心拍出量の改善

などが効果として期待されます。

 

人工呼吸器と患者の同調性が重要

自発呼吸を補助する換気モードでは、患者と人工呼吸器の同調性が重要です。

 

同調性が低くなる原因は、以下のものがあります。

  • トリガー不良
  • 二段呼吸
  • 不適切な吸気流量設定
  • 吸気終末サイクル
  • auto-PEEP

同調性が低くならないように観察していく必要があります。

 

ミストリガー

ミストリガーとは、呼吸努力があってもトリガーしない状態のことです。

 

吸気努力が弱く、トリガーレベルを超えない場合に起こります。

 

ミストリガーが発生したら、トリガー感度の設定が鈍くないか、内因性PEEPがないか確認しよう!

 

二段呼吸

二段呼吸は、吸気は終了するが2回目の吸気が続いて発生する状態です。

 

吸気流量が速い場合やコンプライアンスが低い肺の場合に起こりやすくなります。

 

呼吸が発生した場合は、立ち上がり速度、呼気感度の調整が必要だよ!

 

オートトリガー

オートトリガーは、自発呼吸がないのに人工呼吸器が連続して自発呼吸を誤検知する状態のことです。

 

  • 高すぎる(鋭敏)トリガー感度
  • 回路のリーク
  • 回路内に水滴がある
  • 心原性の振動

などによって発生します。

 

人工呼吸器との同調性を確認するには、目視で自発呼吸を確認することが大切です。

 

人工呼吸器のグラフィック波形情報と合わせて比較しましょう!

 

auto-PEEP

auto-PEEPは、喘息など閉塞性肺疾患などでよく起こることです。

 

喘息で気道内圧が上がると、息を吐き出しにくくなりますよね?

 

そして完全に息を吐き出す前に呼気が終わってしまうと、肺の中に余分な空気が残ってしまいます。

 

これを「air trapping(エアトラッピング)」と言います。

 

余分な空気があって肺が完全に縮みきれない状態を

auto-PEEP (= 肺にかかっている余分な圧のこと)

と言います。

 

auto-PEEPが発生するとミストリガーが増加するので観察しましょう!

 

目次に戻る

 

まとめ

人工呼吸器の観察項目をモード別にお伝えしました。

  • 人工呼吸器のモードの特徴を知る
  • バイタルサインも含めた観察が大切
  • 患者と人工呼吸器の同調性が大切
  • 同調性を見るための観察項目も理解しよう

一番患者の近くにいる看護師だからこそ知っておくべきことが観察項目ですよね。

臨床に生かしていきましょう!

 

もっと人工呼吸器ついて知りたいあなた。
>> 【人工呼吸器の仕組み】基本知識のまとめ“集中治療看護師”が詳しく解説

 

用語整理

  • 気道内圧:口から肺に至る気道にかかっている圧力。
  • 廃用性萎縮:病気やケガなどの治療のため、長期間にわたって安静状態を継続することにより、身体能力の大幅な低下や精神状態に悪影響をもたらす症状のこと。

 

参考文献

ナース専科.“人工呼吸器の重要な観察項目(ポイント)”.https://knowledge.nurse-senka.jp/1916/(参照2021-01-24)

三浦規雅(2018)『重症小児患者ケア ガイドブック』道又元裕,総合医学社

道又元裕(2014)『新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本』照林社

渡辺嘉之(2017)『重症患者ケア』総合医学社

 

目次に戻る

  • この記事を書いた人
アバター

ぴっぴ ✿︎

現役看護師 / 小児科 / 小児集中治療 / PALS資格所有 看護師として5年以上の経験を積んだ中堅看護師です。 お父さん、お母さんをそっとサポートできるような記事を書いています。 看護師向けに必要な知識も発信中。

-集中治療

Copyright © PI+ICU NURSE BOOK , All Rights Reserved.